真剣

<童謡「背くらべ」の曲で>
  ゆ〜び〜の傷は一昨日の〜♪
  居合の稽古の刀傷〜♪

真剣で指を切ってしまいました(涙)
| 得物 | - | - | Top ▲

刀が欲しいなり

研修の帰りに地下鉄の駅でポスターを発見。
「骨董市開催中」
なに〜!ビジネスパーク内で骨董市をやっていたのか!
知らなかった!こりゃ行かなきゃ!
ってことで、朝から骨董市にお出かけしました。

有るは有るは、お宝の山。いろんなお店にいろんなお宝。
おおお・・・・刀、目貫、鍔・・・・・・とくに刀が欲しいなり〜
でも・・・でも・・・どれも高くて手が出ません(号泣)

以下、骨董商とのやりとり
なかQ:「この刀見せてください、売れてますか?」
おやじ:「いいよ・・・なかなか儲からないね、刀は薄利多売ですからね」
なかQ:「へぇーそうなんですか」
     (大嘘付め!、薄利多売なわけないだろ!多売なわけ無いやろ!)
おやじ:「大阪の人は値段にうるさいから、この刀は定価350万だけど
     ここでは最初から250万で出しているのですよ」
なかQ:「へ・・・へぇ・・それは随分お買い得ですね・・・はは・・・ははは」
     (他では100万は余分にふっかけてるんかい!信用できないおやじめ!)

結局刀は眺めただけでした(涙)
何時かはお金持ちになって会場中の刀を買いあさってやる!

仕方ないので、庶民でも買える古銭だけ買うことにしました。
(右から)
1文銭:100円也
4文銭:300円也
1円銀貨(明治8年):500円也

後でネットで調べたら、1円銀貨は数万円で販売してるようです。
もしかしたら、偽物・・・・・それとも掘り出し物???

小銭を枕の下に入れて、江戸期から明治にかけて歴史のロマンに思いを馳せ
ながら寝ることにするのだ・・・・


| 得物 | comments(0) | trackbacks(0) | Top ▲
| 1/1 page |